2012年12月11日火曜日

【BBT】「起業論」 スクーリング懇親会にて

忘れないうちに、先日の大学院のスクーリング懇親会の感想を。

2日目の懇親会で、一流企業を二つ(サンマイクロシステムズ、シスコシステムズ)も立ち上げた松本先生のお話を直接お聴きすることができました。起業時の苦労話や上手く言った施策などは授業で聞いていたものと同じでしたが、懇親会では松本先生のプライベートな部分をお聞きすることができました。

松本先生は、32歳の時に人生計画を立てて、40歳の時に社長になると決めたそうです(もちろん実現)。 
単なる夢ではなく、40歳に社長になるためにどうすればいいのか、具体的に計画を立てたとのこと。
社長になったのは偶然ではなく、必然だったのだと思いました。

「自分で自分の人生をコントロールできた方が面白いでしょ?」

と仰っていたのが印象的でした。
シスコを辞めてからも、色々な企業から社長をやってくれとスカウトされたそうです。
努力して、成果を出せば、仕事はいくらでもある。
仕事がいくらでもある状態になれば、会社の中にいてもリスクをとって大きな仕事ができる、そういうニュアンスの事も仰っていました。
一流の方の話には重みがあります。

確かに、BBTで学ぶようになって、よく分からないけどヘッドハンターからちょくちょく連絡も来るようになりました。
松本先生とはレベルが全然違いますが、食いっぱぐれることはなさそうだなーと思えてきました。
次のテーマは、もう少しハイリスク・ハイリターンの仕事ができればと思います。

自分もちょうど、松本先生が人生計画を立てた32歳。年末で時間も確保できそうなので、改めて自分の人生計画を立てようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿